MENU

お知らせ

お知らせ9月:NEWS・喜界島と喜界島薬草農園を紹介するムービーができあがりました!こちらから
お知らせ9月:NEWS・「島の長命草カプセル」が発売!機能性表示食品の“島の太陽と潮風で育った青汁”がカプセルになりました!こちらから
お知らせ9月:NEWS・南海日日新聞に喜界島薬草農園が掲載されました!こちらから
お知らせ9月:NEWS・イタリア料理店アルポルトのオーナーシェフ片岡護さんが喜界島薬草農園に来てくださいました!
片岡護シェフと喜界島ぐるり旅!として掲載しております。記事はこちらから
お知らせ8月:NEWS・南日本新聞に喜界島薬草農園が掲載されました!こちらから
お知らせ7月:NEWS・2019年ウェルネスフードアワードナチュラル部門にて「島の太陽と潮風で育った青汁が」銀賞を受賞しました!こちらから
お知らせ2月:料理家の栗原はるみさんが、はるばる東京から 喜界島に来てくださいました!
栗原はるみさんと巡る♪喜界島 島めぐり【前編】として掲載しております。記事はこちらから
お知らせ12月1日:喜界島薬草農園の高木工場長がマニマニマグの喜界島紹介の取材を受けました。記事はこちらから
お知らせ11月5日:島の太陽と潮風 喜界島オンラインショップがオープンいたします。サイトはこちらから

喜界島について

奄美群島国立公園の一部に指定された喜界島は、島の周囲が約49キロと小さく、人口は約7,000人。田島ナビさん(117歳没)をはじめ、90歳を超える長寿の方々は約250人と多く長寿の島として健康長寿などを紹介するテレビ番組などで数多く特集が組まれています。

>>詳しくはこちら

喜界島薬草農園について

株式会社喜界島薬草農園は喜界島の生産農家さんと共に、鹿児島純心女子大学との共同研究によりボタンボウフウの研究開発に取り組み、自然が育んだ商品を多くの人に届けたいとの想いで設立しました。 >>詳しくはこちら

研究成果 ボタンボウフウ入り青汁粉末の食品への配合における血糖値上昇抑制作用

製品のご案内

喜界島薬草農園ではボタンボウフウの栽培や養蜂など喜界島の自然の中で育てた製品の研究開発を行っています。
>>喜界島薬草農園オリジナルブランド製品はこちら

目指すもの

自然が失われていく時代、こんな自然が残った島が有ったのか隆起サンゴで作られた世界でも3カ所しかないと言われている喜界島。
その、喜界島で栽培・自生する植物を人間はどのように役立てることができるのか・・・我々人間が食する食べ物を如何に健康に役立てることができるのか。

この島はそれを実現させてくれる島。その島の自然をいただく、そしてそれを人々に伝えることで役立ちたい。このような気持ちで喜界島薬草農園を設立しました。

\SNS更新しています♪/

PAGE TOP